スポンサーリンク
スポンサーリンク
バナー広告募集中です

誰のために何のために戦うのか

『誰のために戦うのか』は人それぞれだ。

碇シンジは使徒ではなく思春期の自分と戦っている事は詳しく説明できるのだが、炭治郎が誰と戦っているのか知らないので最近は選手から『キメハラ』を受けている。

その「キメハラ」という言葉さえ江戸時代の「陰腹」と思い、なんて覚悟のある言葉なのだと思っていた。

少しブームが落ち着いたら見ようと思っているが、コロナ禍が終息してマイクを持つ時は「紅蓮花」ではなく、「残酷な天使のテーゼ」を歌うことを誓っている。

自分には『讃岐鬼誠会』という後援会があった。

高松市鬼無(きなし)町という盆栽の産地が自分の生まれ故郷なので「鬼無の誠」という事でその名前がつけられた。

今なら鬼滅の刃のようなネーミングなので受けが良かったのだろうが、当時は恐ろしい人が集まっている軍団だと思われていたらしい。

カマタマーレ讃岐の監督になるという事は、中学を卒業して地元を離れた自分にとってUターン就職である。

そこには当然、ガキの頃から遊んでいた同級生が大勢いる。

四半世紀の時を経て再会した社会人の同級生たちは、後援会を発足して応援してくれるという事になった。

財政の苦しかった四国リーグのチームにスポンサーとして支援もしてくれた。

飲食店の仲間は選手に食事を提供し、自動車関係の仲間は格安で選手の車を修理したり、チームの荷物車を無償で提供してくれたり個人的にも支援してくれていたのだ。

支援してくれたのは金銭面だけでは無かった。

その頃のカマタマーレ讃岐は香川県内でも知名度は低く、商店街などでイベントを打っても人は集まらない。

そんな時は鬼誠会が大挙として集まってイベントを盛り上げてくれた。

当然、試合にも応援に来てくれるのだが、そこには以前から応援している20人ほどのサポーターがいる。

そのサポーターと軋轢が入らないように事務局長はジュースやアイスクリームを差し入れしていたそうだ。

JFLになると四国から出る試合になるため、バスをチャーターして応援に駆けつけてくれた。

バスに乗って応援に行く道中は宴会になり、スタジアムに到着してからも楽しく応援していたようだ。

「お前が帰って来てくれたから、何十年も会ってなかった仲間と再会できた」などと言われた時は本当に嬉しかったのを覚えている。

Jリーグ参入条件の中には観客動員数も考慮されるため、クラブスタッフと協力してスタジアムに人を引き込むために頑張ってくれた。

噂が噂を呼び、同級生だけの集まりだった鬼誠会はたくさんの人が集まり、100人を超えるまでに増えたのだが多過ぎると何かと問題も起きるので新規入会は断るようになった。

Jリーグ昇格後は御役御免とばかりにクラブへの協力から手を引き、ある者はサポーター席に残ったが、多くはメインスタンドに移った。

J2リーグの5年間は本当に肩身の狭い思いをさせてしまった事だけが心残りだ。

同級生たちが応援するのを見たり、聞いたり、それを知った人が鬼誠会に入り、サッカーを知りカマタマーレ讃岐を応援してくれた。

純粋に集まった鬼誠会だったがよく思わない人がいたのも事実だ。

掲示板や2ちゃんねるには鬼誠会の誹謗中傷が書かれていたようだ。

不甲斐ない試合をして文句や野次を監督である自分に向けられるのは仕方がない。

だが、自分を応援してくれている鬼誠会に向けられるのは許せなかった。

言ってみれば、顔の見える人たちが自分のせいで悲しい思いをさせているのだ。

サッカーの歴史・文化を辿るとホームタウン同士の戦いだ。

選手たちは自分のため、チームのために戦う事は前提だが、地域のために戦う事を忘れてはいない。

昨年は岐阜の人の熱意に惚れ、何の縁もゆかりも無いが「岐阜のため」に真剣に戦った。

それまでの自分の故郷、香川県のためにと同じ想いで戦った。

戦っているのは選手や監督を含めたコーチングスタッフ、現場スタッフだけではない。

クラブのプロパーも戦っている。

FC岐阜の地元出身、小塚広報もその一人だ。

ある負けた試合の後「なぜ北野監督の思いが伝わらないんですか」と泣きながら選手に詰め寄る熱い男だ。

普段は物静かで口数の少ない男が感情をあらわにしていたのには驚いた。

小塚君だけでなく、FC岐阜に関わる全ての人が戦っていたと思う。

大口叩いて就任したにも関わらず、思うように勝ち点が伸ばせなかった自分に対して周りからは厳しい意見があったはずだ。

しかし、一切そんな話は自分の耳には入らなかった。

耳に入れないようにしてくれていたのだと思う。

勝てば本当に喜んでくれて、負けてもすぐに近寄って来てくれて励ましてくれた。

この人たちのために、岐阜のために戦わなくてはならないと心底、思わせてくれた。

結果として岐阜の人たちの期待に応えられない形になってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

今シーズンもあと2試合。十分にチャンスはある。

J2リーグに復帰して自分が悲しませてしまった人たちを喜ばせて欲しいと願うばかりだ。

現在、所属しているチームは実業団なので地域のために戦うという意識は薄い。

これまでの周りの環境とは正反対くらいの差があり、Jリーグとは比べものにならないほど平穏な空気の中、淡々とサッカーをしている。

来年からWEリーグが開幕するがJリーグほどホームタウンの密接度は低いように思う。

どれくらい地域を巻き込むかで盛り上がりも変わってくるのではないだろうか。

先日、皇后杯の日テレ・ベレーザ対メニーナの試合を見ながら某有名サッカージャーナリストの方と「これから女子サッカーはどうなるんですかね」と話をした。

周りの見る目、選手や指導者の意識が女子サッカーを変えていくのだと思う。

カマタマーレ讃岐を満了になった時に鬼誠会は解散となった。

寂しさはあったが、少しだけ肩の荷が降りた気がした。

今思うと彼らがいたから頑張れた。

彼らに恥をかかせない為に頑張っていた。

人は誰かのために戦えば持っている以上の力が出せる事を彼らに教わったと思う。

そして最終戦の当日の朝、四国新聞を手に取った時に涙が溢れて大泣きしてしまった。

感謝しても感謝しきれない程の友達だ。

こちらこそ本当にありがとう。

因みではあるが讃岐鬼誠会の二次団体のマツケン会はスタジアムに十数台のハーレーダビットソンで応援に来る。

だが、子供達が羨望の眼差しで見ていると思っているのは本人達だけである。

 Nordgreen公式直販サイト | Bang&Olufsenデザイナーがデザインした美しく
シンプルな北欧の腕時計ブランド 

タイトルとURLをコピーしました