スポンサーリンク
プライベート

『止める・蹴る』

戦友である馬場賢治がアパレルブランドを立ち上げました。 現役時代からオシャレ番長で鳴らした彼らしい転身です。 バブル期に青春期を過ごした僕にとってアパレル = DCブランド = ハウスマヌカンの図式なのですが言葉自体が最先端では無...
プライベート

やりたい事がもう一つだけあります

僕は生涯現役でピッチに立つことを目標にしています。 選手に対して口だけじゃなくてプレーを見せるデモンストレーションが出来なくなればコーチの仕事を辞めようと思っています。 ですが今はまだまだ身体は動きます。 なので、やりたい事をする...
プライベート

表には出せない事はたくさんあります

『コミュニケーション』は日本語で『伝達・意思疎通』を意味します。 監督はどうしても選手との関係がクローズアップされますが本当に重要なのはスタッフとの『コミュニケーション』なのです。 監督という絶対的な存在になるとスタッフとの関係...
プライベート

史実は史実として記録しておこう(最終章)

『勝負は時の運』、『運も実力のうち』などと言われるがそれらが全てでは無い。 だが偶然性や運・不運というのは結果を大きく変える要素の一つなのかも知れない。 頑張って努力をしても、その力を発揮する事が出来ない事...
プライベート

史実は史実として記録しておこう(下)

今年のJ3リーグは試合数が少なく、一試合の重みが大きい。 ましてやコロナ禍という事もあり昇格を目指すチームにとっては慎重に計画を練らなければならないシーズンになっている。 FC岐阜は安間監督になり好調なスタートで今後も...
プライベート

史実は史実として記録しておこう(中)

サッカー観戦で一番面白いのは、その試合で何が変わるのかを見る事だ。 システムの噛み合わせによって攻撃時と守備時での変化。 時間経過によるライン間の距離であったり、スペースがどう変化していくのかを見るのは楽しい。 ...
プライベート

史実は史実として記録しておこう(上)

歴史というものは時の権力者によって改竄かいざんされるらしい。 ドラマや小説は脚色がないと興味を惹かないので仕方がないが、単純な自分はそれを信じてしまっていることが否応にある。 戦国時代の武将など、果たして本当に教科書に...
戦術論

意思の統一

人はそれぞれ好みがあるのは当たり前である。 自分は好きでは無いと思っているタレントも、世間一般では受けが良く、好感度が高いからテレビに出演しているわけだ。 当然、サッカーの好みだって人それぞれ違いが有るのは当たり前で、...
監督論

口は災いの元だけど喋ります

口は災いの元である。 喋りすぎると要らない一言を言ってしまい、後悔した事は数え切れないほどある。 しかも、その一言が余計な一言なので困ったものである。 先日も選手から「おじさんは本当に一言が多いんだから気をつ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました